レビュー:1ヶ月ビンディングペダルPD-M530を使ってみた

ピンディングペダル

以前、ビンディングペダルの購入と取り付けを行い、立ちゴケを経験したと書いた。あれからもう1ヶ月経とうとしている。時が経つのが早くてビビりながら実際使ってどうなのよ?という感想を書こうと思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ビンディングペダルの良し悪し

以下のペダルとシューズを使っている。良かったところと悪かったところを書いてみる。

ビンディングペダル良かったところ

ビンディングペダルにしてプラスに感じることを以下の3つに絞って書く。

  1. 楽になった
  2. 早くなった
  3. 友達ができる

楽になった

これは経験してとてもびっくらこく(驚く)他のブログやAmazonのレビューでもおすすめされている。その理由はペダルを押す力にペダルを引く力も加わり4本の脚力で自転車を運転しているような感覚になる。特に登り坂を登るときの安定感はとても素晴らしい。

早くなった

自転車のスピードが速くなり目的地に着く時間が早くなった。ペダルを回す力に無駄がなくなる。引く力が加わる以外に押す力にもブレなくなる。ペダルに脚が固定されていることによって、ペダルを回す軸がブレなくなる。時間を効率的に運用したい人はとても有意義なツールになるのではなかろうか。

友達ができる

これは恐らく自意識過剰かもしれないが、ビンディングペダルで走っていると、信号待ちなどて「おっ!」という目で見られている。または「おたくもロードバイクですか?」という顔で見られる。たぶん、自意識過剰。ロードバイク繋がりの友人が出来ても面白い人生がおくれそう。食べ歩きならぬ、ロードバイク食べ走り的なサークルでも参加しようかと思う今日この頃。

ビンディングペダル悪いとこ

私が本当に書きたいのは悪いこと。ベダルの購入に踏み切る前にこの記事を見て注意してほしい。

  1. 危ない
  2. 膝が痛い
  3. 調子付く

危ない

ビンディングペダルの危険レベルは最大値だ。本当に練習してから実戦に挑んでほしい。

休日に自宅から自転車で1時間ぐらい離れた図書館に向かう途中で事故を見た。ロードバイクのお兄さんが立ちゴケをしてバスの下敷きになりかけた。信号が赤に変わり人が交差する道で状況で恐らく思ったようにシューズが取れなかったんだと思う。

バスは徐行からの急ブレーキ。真隣にいたお兄さんはからくも助かったというわけだ。私のスキルからいって、お兄さんの立場になっていたかもしれないかと思うと背筋が凍る。

膝が痛い

これは信号待ちの時に左脚だけベダルから外し、右脚はペダルにつけたまたの状態の時に起こる。信号待ちなどでちょっと停車するときに片脚だけ外して待っていると、右膝が微妙に捻られてちょっとずつ痛くなってくる。信号待ちのときは両脚を外す癖をつけると良い。ビンディングペダルから脚を外す練習にもなる。

調子付く

これはまさに事故の一歩手前まで来てる。ビンディングペダルで走っているとめっちゃスピードが出やすい。自分の前を走っている自転車を見つけると追い抜きたくなる。まさに闘争心溢れるペダリング。ここは落ち着いて自分のペースを保つ走りを心がける。

今日のひとこと

私は関西の田舎の方から転勤で東京に来たこともあって、東京のどデカイビル群を自転車に乗りながら眺めるのが趣味だ。

タワーマンションを下から眺めながらこんなとこに住んでみたいなぁなんて思ったり、目の前にそびえ立つマンションの不動産情報を見て金額を確認する。

1億円ですかっ……余裕やなw

部屋の電気がちらほらと点灯している。

こんだけ1億円以上払ってタワーマンションに住んでるんかーなんて羨ましく思いながら夜の街を自転車こぎこぎ走ると普段の悩みもちっぽけに思えてくる。

そんなロードバイク人生においてビンディングペダルは奥が深くめちゃ快適でおすすめ。

走って感動!はじめてビンディングペダル交換とシューズ選び
自転車の歴史。1813年、ドイツのカール・フォン・ドライス男爵が足蹴り式の二輪車を発明したのがはじめと言われている。自転車はどこまでも進...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

neomenstokyo

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です