隣人から叫び声!俺流DVの対処法と通報した実録

keisatu

平日21時の雨の日、女の悲鳴が聞こえた。東京のオンボロマンションに住んでいる私はITの試験勉強をしていた。隣の部屋からドスドスと物音がするのが聞こえた。うるさいなと思っていると、どうやら聞き慣れない鈍い音と女の泣きじゃくる声が聞こえるのだ。そして叫び声も時折聞こえてくる。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

俺流隣人DVの対処法

即通報!

私の経験上、問題はすぐに対処したほうが良い。ITの資格の参考書のコラムにもそう書いてある。そして、何より放置していたら、自分自身を苦しめることになる。罪悪感とか不安な気持ちとかいろいろ心に渦巻く。あと、女性の高音の悲鳴ってこう心臓にこたえるものがある。

テュルるるー(電話の音)

ガチャっ

U^ェ^U 警察「はいどうしました?」

ねおお「隣から女性の叫び声が聞こえるんです。後、殴る音も聞こえます。」(男の雄叫びも聞こえるけど)

U^ェ^U 「通報ありがとうございます。お名前を伺ってもいいですか?」

ねおお「あっ匿名でもいいですか?」

U^ェ^U 「良いです!良いです!どこの部屋から聞こえるかだけ教えて下さい」

ねおお「はい何号室です。住所は〜」

オートロックがあるかだとか、簡単な質問を終えて電話を切ると窓から外の様子を伺っていると通報から10分ぐらいで警察が到着。雨の中徒歩で。

警察とDV男が何かやりあっている。ドア越しにも聞こえる。このころ私は全然試験勉強に集中出来なくて近くのカフェまで逃げ込もうと思った。だがDV男が廊下でやりあってるから出るに出れない。

そうこうしているうちに静かになった。どうやらDV男が警察に連れて行かれたっぽい。

今日のひとこと

匿名ですぐさま110番!iPhoneで初めて警察に電話した。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

neomenstokyo

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です