現在ルータで稼動しているIOSを確認できるコマンド

シスコルータに叫ぶ男

show version(ショーバージョン)それはなんでも確認できちゃう魔法の言葉(コマンド)。CCNAの孔明の罠(巧妙な罠)にひっかかる。シスコルータのIOS(Cisco Internetwork Operating System)はflashに入っている。けどshow flashじゃ見れない。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

show versionの使い道

勉強すること。それは覚え忘れを繰り返すこと。ネットワークの試験「CCNA」を勉強中。なぜか何度も間違えた。

例えばこんな問題だ。

現在ルータで稼動しているIOSを確認できるコマンドは、下記のうちどれか。

  • show flash
  • show history
  • show memory
  • show version
  • show running-config

「ん〜ルータのIOSはflashに保存されるから「show flash」やな」

答え:show version

「はあーーー!なんでなん!?versionってなんでやね……くぁwせdrftgyふじこlp」

解説

「ねおおまた初歩的な設定で我を忘れとるんじゃ」

show versionコマンドでは、現在稼動しているIOSを確認できるんじゃ」

「各種メモリの容量や、コンフィグレーションレジスタ値も確認できる」

show running-config
「現在稼動している「IOSのバージョン」情報と現在の設定情報はわかる。「IOS」は確認できん」

show versionコマンドで確認できる主な情報

  • 現在稼動しているIOSのバージョン
  • システムが稼働してからの時間
  • システムを起動した方法
  • 現在ルータで稼動しているIOS
  • DRAMの容量
  • Flashメモリの容量
  • コンフィグレーションレジスタ値

「まだまだ道のりはながいのう」

今日のひとこと

CCNA簡単3ヶ月で取得できるって?!ちょっと脳みそ交換しませんか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

neomenstokyo

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です